· 

ピボットテーブルのデフォルト設定は変えることができる

最近まで、知りませんでした。

 

毎回、ピボットテーブルを作るたびに

 

[レポートのレイアウト]から
 コンパクト形式で表示 から

 表形式で表示(←Excel2003までの表示形式)

に手で直していました。

 

しかし、ピボットテーブルの作成直後の設定値のほとんどは

 

事前に設定することができるのです!

 

 

 

設定の変更の仕方は

 

リボンの ファイル>オプション から

 

データ のメニューに [既定のレイアウトの編集(E)]というボタンが!

 

押すと、以下のダイアログが出てきます。

 

ココに表示されているだけでも、だいぶ変更できますね。

 

冒頭で書いた、レポートのレイアウトについても

上から4番目のところで、表示形式が選択できるようになっています。

 

 

さらに、右下のOKボタンの上にある [ピボットテーブル オプション(P)]というボタンを押すと

 

もっと細かい設定が出来ます。

 

はい、ピボットテーブルを作成した後にも呼び出せる、ピボットテーブルオプションのダイアログと一緒です。

 

本当に、事前に設定できちゃうんです。

 

 

ぜひ、いつもの好みな設定に変えてみてください。

毎回の手間がこれだけでカットできますよ!